メイクをしましょ! TOP > メイクをしましょ! > メイク下地の必要性と使い方

メイク下地の必要性と使い方

化粧品の中でも、メイク下地って、実は重要なポイントだったりしますよね。
いかにお肌をより美しく整えてくれるか、よりファンデーションを綺麗に乗せられるか土台になる部分ですから、侮ってはいけませんよね。

化粧品のメイク下地には、くすみをカバーしたり、色ムラを均一に整えたり、
ファンデーションとの密着を高めてくずれにくくしたりするなど、
ベースメイクを美しく仕上げるための嬉しい機能がたくさん詰まっているんです。
また、日常の紫外線や乾燥からもお肌を守ってくれるアイテムです。

仕上がりをワンランクアップさせるためにも、専用のメイク下地を使う事が大事だそうです。

ポイントとしては、薄く均一にのばすことだそうです。
指先に取った場合は、両手の人さし指と中指、薬指の指先に広げたあと、ほおに広げ、ひたい、鼻、あごと、顔全体にうすく均一に馴染ませます。

方向としては、顔の中心から外側に向けて、丁寧にのばしていきます。
のばし終わったら、顔全体を、手のひらや指先で確認しながら、手のひらが肌にぴたっとすいつく感じがちょうどいい量との事です。

ペタペタしたり、ベタつきを感じるようですと、つけすぎになるようですよ。
つけすぎは、ファンデーションがムラづきになり、化粧くずれの原因にもなります。
多すぎたかな?と感じたら、ティッシュペーパーで軽くおさえて、少し時間をおいてからファンデーションをつけると良いそうです。

ノーメークで過ごしたいときも、化粧下地まではつけておくと、肌を日常の紫外線や乾燥などから守ってくれるそうなので、オフの日も欠かさずつけておきたいですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) メイクをしましょ! All Rights Reserved.