アイライナーの引き方

目力を加えて、目を大きく見せてくれる化粧品のアイテム・アイライナー。
リキッドアイライナーやペンシルタイプ、ジェルと種類も色々ありますね。

アイライナーの上手な引き方についてまとめてみました。

先ずは、粘膜にアイラインを引きます。
粘膜と云うと少々怖い印象がありますが、睫毛の生えている内側につるつるとした場所があり、そこにアイライナーを引いても目の中にはアイライナー自体が入ってしまう訳ではありませんので安心して行って大丈夫だそうです。

引く時は手が不安定だと危険ですので、肘をテーブルに附き固定すると安定するそうですよ。

リキッドアイライナーの場合は、筆にたっぷりと液が付いていると白目が真っ黒になってしまい大変な事になるのでティッシュで量を調節するようにしましょう。

ペンシルアイライナーは、先をあまり尖らせないで手の甲などで丸めてから使用しましょう。

指の腹で瞼を持ち上げて粘膜をむき出しにして、アイライナーをシュッシュと引いていくそうです。

粘膜はつるつるとしていて化粧品をはじいてしまうので、小刻みに筆を動かして描いていくと良いとの事です。

目頭と目尻もしっかり描きましょう。
初めの慣れない間は時間が掛かりますが、慣れてしまうととっても簡単ですので何度も練習すると良いそうです。
次に、粘膜にアイラインが引けたら、目をキュッキュッと2、3度瞑ります。
すると、下の粘膜にもアイラインが引かれるのでより目を大きく見せる事が出来るそうです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) メイクをしましょ! All Rights Reserved.